手法検証

バイナリーでBNFさんの手法は通用するのか?実際に検証してみた結果…

BNF バイナリー

有名な個人投資家・BNFさんの手法はバイナリーオプションで通用するのでしょうか?

エクセルを使用して検証した結果をご紹介したいと思います。

TMインジケーター 口コミ

バイナリーでBNFさんの手法を検証してみた結果

こんにちは、ムロパチです。
今回は有名な投資家・BNFさんの乖離率を使用した手法はバイナリーオプションで通用するのかを検証してみました。

こちらは動画解説記事になるので、よかったら動画の方も同時にご覧くださいね。

投資家・BNFとは?

BNF 投資家

BNFさんは日本の個人投資家で『ジェイコム男』という名前でも有名ですよね。
BNFさんは大学3年生の時、それまでの貯金やバイトで稼いだ160万円を元手に株式をスタートしました。

すると、元手160万円が2001年末の段階(1年と2ヶ月で)で6100万に!
これはすごい!笑

それから2年後の2003年に2億7000万円に、2005年には80億になっていきました。
その後も資産は増えていっています…。ものすごいですよね!!

BNFさんが『ジェイコム男』と呼ばてた理由は、2005年の時に起きた「ジェイコム誤発注事件」が由来となっています。
この事件は簡単に説明すると、みずほ証券の担当者がそのジェイコムの株を本当は1株61万円で売ろうとしたところ、誤って逆の61万株を1円で注文だしちゃったんです。

察しのとおり、ジェイコム株の値は売りがとんでもない量になり、一気に下がったのです。
BNFはそこで淡々と逆張りし、結果20億儲けたと言われています。
世間からはラッキーパンチだといわれていたようですが、この事件の前にBNFさんは既に資産80億もあった上に、この取引も「いつもどおり取引しただけです」と言うのですから、投資のズバ抜けたスキルがあるのは明らかですよね。

BNFの手法とは?!

そんな天才投資家BNFさんの手法を今回検証していくのですが、BNFさんの手法ってどんなものなのでしょうか。
もちろん表に出てない手法もいっぱいあると思うんですけど、ネットで調べたら出てくる範囲の物で一番有名なものを検証していきたいと思います。

BNFさんは過去にこのような発言をしています。

BNFの手法とは?

『株というのは下がる過程ではほとんどの場合、短期の反発があるんです。
それは個別株のそれぞれ特徴によって違いますが、25日移動平均線からの乖離率、ボリュームレシオ、RSI、 ボリンジャーバンドなどからある程度反発するパターンがあります

ということでこれらの手法の中でも最初の移動平均線からの乖離率を株式ではなく、バイナリーオプションで実際にエントリーしたらどうなるのかやってみたいと思います。

乖離率とは、以下の図の通り、移動平均線と終値がどれくらい離れるかを指します。

乖離率
TMインジケーター 口コミ

エクセルでの検証内容

今回の検証内容が上の図になります。
基本的にはドル円の5分足で直近5年(2014年1月~18年の12月31日まで)のデータ本数が35万4859本、判定が10分判定、スプレット0.2pips、移動平均線の期間は10・25・50あたりをやってみたいと思います。

BNFさんの手法と異なる点は、まず株式相場か為替相場か、日足の移動平均線なのか5分足の移動平均なのかという点です。
ここをひとまず為替相場に置き換え、ある程度のパターン数をやってみました。

乖離率ですが、BNFが実際にやっていた手法は日足で、その銘柄の乖離率が25%、30%だった時が狙い目ということなんですが、株価の25%って1000円だったら750円になったところですよね。

しかし、為替の25%ってとんでもないパーセントになっちゃうじゃないですか笑
ドル円だったら例えば100円で25%下がると75円になっちゃうので。

なのでこのパーセントも一概にあてはめられないんですね。
でもそこら辺もちょっと調整しながらこの0.1%、0.3%、0.5%っていうので行ってみ
たいと思います。

バイナリーでBNFの手法を検証した結果…

先ほどの条件を元に、実際エクセルで検証してみました。
検証中の内容は動画の方がわかりやすいので、動画の4:45くらいから見てみてください。

検証結果

■乖離率0.1%の場合
スプレッド:0.2pips
移動平均線期間:10
乖離率:0.1%

シグナル数:21,161回
勝率:53.82%

■乖離率0.3%の場合
スプレッド:0.2pips
移動平均線期間:10
乖離率:0.3%

シグナル数:882回
勝率:52.27%

■期間25、乖離率0.3%の場合
スプレッド:0.2pips
移動平均線期間:25
乖離率:0.3%

シグナル数:4,396回
勝率:53.59%

■期間50、乖離率0.3%の場合
スプレッド:0.2pips
移動平均線期間:50
乖離率:0.3%

シグナル数:12,038回
勝率:53.36%

■期間50、乖離率0.5%の場合
スプレッド:0.2pips
移動平均線期間:50
乖離率:0.5%

シグナル数:2,577回
勝率:51.14%

何パターンか検証してみましたが、勝率をみてみるとどれも全部ビミョー…。

ということで、バイナリーオプションで移動平均線からの乖離率だけでエントリーするBNFの手法ですが、「今回の条件だと有効ではない?」いうことになりました。

乖離率「だけ」とあえて書いた理由は乖離率だけを使用した今回のこの条件では数値
から見てもわかるように、全然有効ではないですが、もしかしたらこの他のインジケーターや他の定義やフィルターとかを組み合わせると有効になる可能性もでてきます。

まぁ~結局バックテストしてみないと、何事も分からないですけど!(笑)

ということで、今回の検証を通して、今後様々な有名投資家の手法をバイナリーに当てはめて検証していくのもなかなか楽しいなと感じました。
リクエストも随時お待ちしておりますね♪

究極のBOインジケーター
tmインジケーター評判

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です