裁量解説

バイナリーオプション・ローソク足のパターンを解説

逆張り

こんにちは、谷あきらです。

今回はローソク足について話をしていこうと思います。

TMインジケーター 口コミ

バイナリーオプション・ローソク足のパターンを解説

ローソク足のどこを見ているのかといった質問をよくいただきますので、

今回は「こんなローソク足の時は逆張りエントリーしやすい」「こういったローソク足の時はエントリーしない方がいい」といったローソク足の形について今回お話をしていこうと思います。

世の中には酒田五法といったローソク足の形を見るテクニカル手法もありますので、
それを参考にしてみても良いと思います。

しかし、僕はどちらかというとバイナリーオプションでは酒田五法の全てのローソク足の形というのを覚えているわけではなく、

ローソク足の形、ヒゲの長さ・実態の大きさを見て好きなチャートだなといった判断をしておりますので今回は僕なりの見方を解説していきたいと思います。

 

エントリーしたいローソク足

ではさっそくチャートを見ながら解説していきます。

最初のチャートですがこちらの1分足チャート。

下ヒゲ

下にトレンドが向いていますね。
黄色い丸の下ヒゲが出ているところを結構僕は注目して見ていたりします。

下落トレンドなんですがしっかりとこのトレンドの波形を形成して、
落ちていっているのが分かるんじゃないかなと思います。

波形を形成している中でも、この戻り目の転換の部分がこの相場であるとしっかり下ヒゲ
として出てきています。

なので1発目2発目下ヒゲ出てきたら3発目の下ヒゲでまたもう一回波形作るなという見方もできていきます。

 

これは他の足でも同じようなことが言えます。

トレンドの特徴としては安値に切り下げたら、下ヒゲつけて一度戻しさらに安値切り下げて長い下ヒゲつけて切り戻し。

そういった特徴があるというのがこのチャートパターンから見えてくると思います。

エントリーしたくないローソク足

次はどちらかというとエントリーしたくない相場を解説をしていきたいと思います。

ローソク足

それはこの黄色い丸の部分。

トレンド的には下落してますので相場で言うと下目線かなというのはわかるんですが、
反発狙いたいのはわかりますがエントリーは避けたいところ。

陰線が続いているなかでも、
陰線の下ヒゲが出ているにもかかわらず、さらにその下ヒゲを打ち消すような形で陰線が出てますよね

下ヒゲが出ているにもかかわらず、相場が転換せずに下に向かっているということは、
それだけ下に行く力が強いんだという心理がチャートから見えてきます。

なのでこういったチャートの時は僕は無理にエントリーせずにスルーしたりします。

エントリーする手前のチャートパターンを見ると、
逆張りエントリーをやめとこうといったひとつの判断ができるんじゃないかなと思い
ます。上昇トレンドの時も同じです。

 

TMインジケーター 口コミ

3つ目の例はこんな相場。

出来高

出来高が少ない相場というところは無理にエントリーする必要はないかなと思います。

①はほとんど値動きがないですね。

値動きがない中でバイナリーオプションでエントリーしようとすると、pipsで引き分けになったりしますので、こういった箇所はエントリーする側にとっては不利に働きます。

しっかりとボラティリティーがあって反発が見込めるとか、順張りであればpipsが取れて勝てるような場所。

そういった箇所を狙っていけばいいんじゃないかなと思います。

あと②は極端な例かもしれませんが、
値動きの予測が全然尽きませんね。

ここまでさらに値動きがばらついてしまったり窓が開いてたりすると、
オシレーター系指標、RSIやストキャスティクス等が正確な数値を出しません。

こういった箇所のエントリーはリスクが高いかなと僕は思います。

ちなみ②は日本時間の朝の6時ぐらいなので実質バイナリーオプション
ではエントリーできない箇所です。

ちょっと極端な例かもしれませんが出してみました。

 

 

続いて4つ目の例はこちら。

ローソク足
黄色い丸のあたりは上ヒゲ下ヒゲどちらも均一に出ているような相場になります。

こういった相場というのは方向性が乏しく、どちらに進むかわかりにくい相場になっています。

その後、値が一気に抜けていったとすると、
そこに対してポジション取りに行く投資家とかもいますので、反発が見込めずそのままズルズルと上がっていってしまったりして、逆張りトレーダーにとってはちょっとフリな相場になりやすいです。

 

ということで今回4つ例を挙げてみました。

エントリーしたいローソク足というか、どちらかというと避けるべきローソク足のほうが多くなってしまいましたが、

特にヒゲの長さとかヒゲの方向を見るだけでも、
今後値がどのように動いていくのか、もしくは迷っているのかというのをぜひ日頃から
ローソク足を見て今後の相場予測できるようになったら最強なのでそういった練習を
積み重ねてみてください。

究極のBOインジケーター

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です