必勝コラム

バイナリーオプション・チャートで複数の通貨ペアを見る方法

バイナリーオプション 複数ペア

こんにちは、谷あきらです。

今回は前回の記事の続きということで、複数のチャートを見れるようになるとどのようなエントリーポイントが見えてくるか?

ということについて話をしていこうと思います。

TMインジケーター 口コミ

バイナリーオプション・チャートで複数の通貨ペアを見る方法

前回の記事はこちら

あわせて読みたい
バイナリーオプション MT4 チャート
バイナリーオプションでおすすめなチャートの見方こんにちは、谷あきらです。 今回はバイナリーオプションでおすすめなチャートの見方について話をしていこうと思います。 ...

 

前回の記事では複数のチャートの並び順や、クロス通貨でどのような動きが発生しているときに、どの通貨が売られているのか買われているのかというのをチャートから判断していきましょうといった話をしました。

 

それが見えることによって、現在相場全体でどの通貨ペアが強いのか弱いのか。
そして買われているのか・売られているのかが分かります。

 

今回はその応用編と言ったところでしょうか。

 

チャートを複数見れるようになると、どういったエントリーポイントが見えてくるか?ということについて話をしていきたいと思います。

 

1つの通貨ペアだけ見ている人は要注意!

通貨ペア

まず覚えておいていただきたいのは、チャートを複数見る癖をつけておくというのが大切になります。

 

 

前回の記事でも話したのですが、例えば1つの通貨だけ全画面で見てエントリーチャンスを狙っている人と、

複数の通貨ペアを見ながら、その中で「あっ今USD/JPYがチャンスだなー」と思って見ている人。

どちらの人の方がエントリーチャンスが増えて、なおかつ勝率が高いかと言われると、僕の経験でいうと後者になります。

 

理由は簡単で、多角的に物事を捉えられているのか・そうではないかの違いになります。

当然いろんな角度から情報を集めて、未来がこうなるだろうと予測してる人の方が、
その情報自体に信憑性が増してきますよね。

 

 

ドル円だけのチャートを見ていると、
例えば「今ドル円で上昇しているということは、ドルが買われているのかな」といった結論を単純に出しやすいんですが、

もしかしたらそれで円が売られているかも知れませんよね。
また、ドルが買われていて、なおかつ円が売られている可能性もあるわけです。

もしくは、円が買われているかもしれないですが、それ以上の強さでドルが買われている可能性もあります。

そういった場合も上昇しますよね。

 

 

そう考えるとドル円だけのチャートを見て現在どの通貨が売られているのか、
もしくは買われてるのかというのを判断することはできないわけです。

TMインジケーター 口コミ

複数通貨ペアはどう見たらいい?

ではどのように判断すればいいのでしょうか。

複数通貨ペア

例えばこの5分足で言うと、USD/JPYが上昇しているけどもEUR/USDを見ると下落して
いる。

ということはドルが買われてる可能性高いなというのが見えてくるわけです。

 

なおかつクロス円のAUD/JPY、NZD/JPY、EUR/JPYを見ても、動きはそこまでないのを見ると、クロス円の可能性はそんなに高くないなということも見えてきます。

なので、この5分足の動きというのはドルが買われている可能性が高くなってくるのが、
複数のチャートを見ることによって一発で判断ができるわけですね。

 

このように1つの情報だけで判断するのではなく、複数のチャートを見ることによって相場全体の値動きどの通貨が強いのか弱いかが見えてきます。

これは上級者向けの話なりますが、初心者の方もゆくゆくはこういったチャートの見方ができるようになるというのを一つ目標にしてみてください。

 

 

さらにこのように複数のチャートを見れるようになると、多角的に情報をとらえてラインを引くことが出来ます。

サポートライン

USD/JPY、EUR/USD、AUD/USD、NZD/USDのドルストレート通貨に緑のサポート・レジスタンスラインを引いてみました。

ドル円の大陽線でてるところの動きでは、ドルが買われる動きをしてたわけです。

ドルが買われていたけどもUSD/JPYに関しては緑の線がレジスタンスラインになっていきEUR/USDに関してもサポートラインが画像のあたり。

AUD/USD、NZD/USDに関しても画像の通りにちょっと強めのラインが引けるのが見えてきます。

 

あまり綺麗な例はないですが、AUD/USDが下がってきたタイミングで、

ドル円も上昇している場合、ここの陰線の動きっていうのはドルで動いてますよね。

 

つまり何が言いたいかというと、USD/JPYのエントリーチャンスを、
他のドルストレート通貨の値動き、そしてサポートラインもしくはレジスタンスラインを見ることによって、

同じタイミングでUSD/JPY以外のドルストレート通貨が反発する可能性が高いのであれば、USD/JPYの反発はかなり強めに狙えるな。もしくはAUD/USDの反発が狙えるな。という分析ができてくるわけです。

 

なので一つの通貨ペアのチャートだけ見ていたとしたら、
こういった多角的に物事を見るような分析がなかなかできないんですが、

複数のチャートを同時に見ることによって、エントリーチャンスが自然と見えてくる。

 

どこで反発するか逆張りで入れることができるかというのが見えてきますよというのが
今日一番伝えたかったポイントになります。

ということでいかがだったでしょうか

動画ではさらに詳しく解説しておりますので、是非ご覧ください。ではでは!

チャンネル登録もよろしくお願いいたします!

究極のBOインジケーター
バイナリー tmインジケーター

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です