動画解説

デモだと勝てる?リアル口座との違い【バイナリーオプション】

バイナリーオプション デモだと勝てる

前回の記事に続いて、2つ目の質問に今回は回答しました。

これも意外と多かった質問ですね。デモトレードの考え方について。

動画「デモだと勝てる?リアル口座との違い」

初心者はデモトレードから始めたらいいのか?

初心者はデモトレードから始めたらいいでしょうか?

また、デモトレードから実弾トレードに切り替えるタイミングを教えてください。

といった質問を頂いておりました。

僕の考え方ですけども、僕はデモ口座で取引を行ったことがありません。

バイナリーオプションを始めた最初から、実弾のエントリーをして自己資金を入れてエントリーをしていました。

なんでか?っと言われると、最初からお金を増やしたいなと単純に思っていただけなので、リアル口座でのトレードを当たり前のようにしていました。

最初は、当然のようにお金はなくなってしまいましたけども、そこからデモトレードに切り替えてやってみようということはなく、実弾エントリーをずっとしてきました。

 

自信がないからデモトレードするとか、初心者だからデモトレードすると言う方もいると思うのですが、僕は最初から実弾でエントリーした方がいいと思っております。

ただ、前提条件がちゃんとあって、しっかりとバックテストした結果があったりとか、ノウハウがあることが前提です。

ギャンブルみたいに、何も考えずにハイかローで実弾で全額エントリーだ!とか言ってやるのは、ちょっとバカなので、やめたほうがいいですけども、

ちゃんと理論があって、自分なりのノウハウがあった上で実弾エントリーしてみようというのであれば、いいと思います。

デモ口座とリアル口座の違い

これにも色々な理由があるのですけども、まず第一にデモ口座とリアル口座は、仕組みがちょっと違うんです。

よく、デモ口座の方が勝ちやすいとかよく言われたりしますが、あれは別に何の根拠もない噂であるので、気にしなくていいと思います。

ただ、デモ口座とリアル口座の明確な違いを1つ挙げるとすると、約定のしやすさです。

これは、実際に自動売買を作る時に、デモ口座でエントリーする方法とリアル口座でエントリーするのを試してみたのですが、デモ口座は約定しまくるんですよ。

リアル口座では、ちゃんと約定拒否が起こったり、滑りが起こったりとかするんですね。

デモ口座では、約定拒否が全く起こらないんですね。

連続して何ポジションも取ろうとすると、滑りがあったりもするんですけども、最初のファーストエントリー時に約定拒否は絶対に起こらないのです。

なので、この約定拒否の関係からも、最初からリアル口座でエントリーしていったほうが、本番に慣れるといった意味でも、いいと思います。

負けの痛みを刻み込む

あとは、リアル口座でやるメリットしては、負けをしっかりと自分の体に刻み込むというところがありますね。

例えば恋愛をして、女の子と付き合いたいと思っている人がいきなり女の子に声をかけるとか、パーティーで仲良くなるっていうのは自分には無理だから、

まずはゲームの中の世界で頑張ろうと思って、ゲームの中でうまく恋愛が進んでも、それはリアルな恋愛には、ほぼ活かせないですよね。

僕はこの恋愛の例と事業とかビジネスは似ていて、紙の上での事業計画や起業の塾に通うというのは、その人のためにほぼならないと思っています。

僕自身も色々なビジネスをやってきましたけれども、過去さかのぼって起業塾に入ったとか
、大学が経営楽部だったとか全くないです。

それよりも、自分のお金を使って事業を始めたりとか、色々な人に自分のお金使って会いに行ったりしてました。

そのような事を繰り返して、たくさん失敗しましたけれども、その失敗が自分の中では活きています。

自分のお金使って事業に挑戦したけども、失敗して100万円損したなとか、1000万損したなとか、そういった自分なりの身銭を切ったからこそわかる経験みたいなものが残ったのが良かったなと思います。

これが例えば、起業塾に行って、その教科書に載ってるこういった事例はやってはいけませんよ。などと勉強しても、全く役には立たなかったと思います。

結論、リアル口座でチカラをつけよう

話がちょっと逸れちゃいましたけども、バイナリーオプションも全く一緒で、リアル口座とデモ口座だったら、僕自身は最初からリアル口座で実弾でエントリーしていくのがいいと思います。

最初そんな大きな金をかけなくていいので、自信がない人はハイローオーストラリアの場合だったら、1,000円からベッドできますので、1,000円でいいと思います。

その1,000円をかけて、最初の口座残高が10,000円のところから、例えばそれが15,000円増えたり、逆に5,000円に減ってしまったりなどの経験が大切だと思います。

資金が減ってしまったら、この手法でエントリーし続けてら、もしかしたら資金ショートするかもしれない、だったらどこがダメなのか見直してみよう。

といった考え方に切り替わって、トレンドを見なくちゃいけないかなとか、オシレーターのバックテストを取り直そうなど、

自分なりの改善点が、初めて生まれてくると思うんですね。

デモ口座では、負けてもこのような考え方には(身銭を切っていないので)なかなかならないと思います。

これは事業をやっていても一緒ですし、恋愛でも一緒ですし、人間関係を作っていく中でも一緒かなと思います。

 

なので、デモ口座とリアル口座どちらから行ったほうがいいですか?という質問に関しては、僕は最初からリアル口座でやったほうがいいという回答になります。

そして、人に頼るわけではなくて、自分自身の力をしっかりとつけていきましょうというところに結論落ち着くかなと思います。

あわせて読みたい
バイナリーオプション 1日の流れ
バイナリーオプション1日のトレードの流れ今回はラジオ配信ということで話をしていきたいとおもいます。 質問をいくつかいただいていましたので、その質問に回答していきたいなと思...
あわせて読みたい
バイナリーオプション ヒストリカルボラティリティ
バイナリーオプションでボラティリティを分析して勝率を上げる手法今回はボラティリティが高い時間帯低い時間帯どちらが勝つやすいのかということで、前回のボラティリティの動画の続編でやっていきたいとおもいま...
究極のBOインジケーター
バイナリーオプション 利益300万円突破

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です