裁量解説

押し目・戻り目を確認してバイナリーでエントリーしてみよう【エントリー解説】

バイナリー 5分足

今回はバイナリーオプションのエントリー解説についてお話しします。

押し目や戻り目を意識したトレードをしっかりお話していきたいと思います。

TMインジケーター 口コミ

押し目・戻り目を確認してバイナリーでエントリーしてみよう

こんにちは、谷あきらです。

今回は2018年8月1日にエントリーしたUSD/CADの22:09のエントリー根拠を解説していきたいと思います。

 

こちら5分足のUSD/CADチャートとなります。

黄色の丸の部分でレンジを作った後に、下に向かってブレイクしたのがわかるかと思います。

バイナリー エントリー解説

ブレイクをした後に5分足だと下ヒゲを大きくつけ、続いて上ヒゲをつけています。

 

1分足でその部分を拡大してみましょう↓

バイナリー エントリー解説

黄色い丸で囲った部分がレンジブレイクした後の局面です。
ここが先ほどの下ヒゲ、上ヒゲをつけている箇所になります。

 

バイナリー エントリー解説

↑戻り目がしっかりあるのがわかると思います。

 

僕のエントリーとしては下の緑色のラインに触れている部分。
黄色い矢印のところでエントリーをしています。

バイナリー エントリー解説

レンジブレイク後、買いの勢力が働いて大きく戻り目を作っています。
その後、売り買いが拮抗している状態。

そして売りの注文が最後、緑の線に触れたのでここがマックス(売り勢力が利確、ないしは買い勢力が強くなる)だろうなと予想しました。

 

エントリー根拠①チャートの背景を読み解いてみる

プライスアクション バイナリーオプション

エントリー根拠としましては、レンジブレイク後に戻り目を1度つけたので、買いの力が働いていることが確認できたというところですね。

だったエントリー後にさらに売りが働いていたので、危ないエントリーだったかなと反省はしています笑

 

エントリー根拠②関係する通貨もチェック

もう1つの根拠としてはUSD/CADと関係のある、CAD/JPYの5分足を見てみると、前日高値で反発をしています(緑のラインのところですね)。↓

バイナリーオプション

さらに1分足にしてみると…↓

バイナリーオプション黄色の丸部分がUSD/CADで僕がエントリーした箇所です。

前日高値のラインに近づいており、1度CAD/JPYは反発するだろうと予想がつきました。(USD/CADとは逆行の動きをする可能性が高いので)

 

相関のある通貨もしっかりと確認することによって、自信を持ったエントリーに繋がりますね。

 

 

ということで、反省点はあったものの、しっかり根拠を持ってエントリーすることが出来ました。

皆さんの参考になれば幸いです。
動画でも詳しく解説しているので、記事でわかりにくかった方は是非動画をご覧くださいね。

TMインジケーター
TMインジケーター 評判

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です