基礎知識

ストキャスティクスだけでバイナリーオプションは勝てるのか?

バイナリー ストキャスティクス

今回は、前回のストキャスティクスの記事の続きになります。

前回は、ストキャスティクスの%K値の計算式について見てきました。今回はこの%K値が何を表すのかについて書いていきます。

TMインジケーター 口コミ

バイナリーオプションでのストキャスティクス

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスグラフ

上の図を使って、ストキャスティクスの%K値が表す数値を見ていこうと思います。

オレンジ色のラインが値動きを表していると思ってください。

 

例えば、今回の%K値の期間を20と設定した場合、オレンジ色のラインはローソク足で20本分の期間だと考えてください。

そして、点線の部分が過去20本分の最高値と過去20本分の最安値になります。

これを前回紹介した、%K値を求める計算式に当てはめて考えてみましょう。

 

ストキャスティクス計算式

試しに、この計算式に以下の数値を入れて計算してみます。

バイナリーオプション ストキャスティクス

上の計算式より、ストキャスティクスの%Kというのは何を示しているのかというと、

過去n日間(ローソク足n本分)で現在の値段がその期間内で下値から、どれぐらいのパーセントの場所にあるかを示しています。

 

例えば、現在値が55で最高値が100、最安値が0という設定で計算式に数値を入れると、解は55になります。

つまりこれは期間内の最安値から見て55%のところに存在してる値段なんだというのがわかります。

(下図参照)

バイナリーオプション ストキャスティクス

このように図で考えるとわかりやすいのではないかと思います。

例えば現在値がもう少し上がると、%Kは60とか65と増えていきますし、逆に下がっていくと50とか45とか減っていきます。

理解度チェックテスト

では、ここまでの話の理解度チェックをしてみたいと思います。

下図の①と②の2つグラフを作ってみました。

バイナリーオプション ストキャスティクス

このストキャスティクスの現在値の%K値はいくつになるでしょう?

ちょっと考えてみてください。

オレンジ色の線が%K値の期間になり、青い点線が最安値・最高値を表しています。

では、答えにいきます。

①の現在値の%K値は、100%になり、

②の現在値の%K値は、0%になります。

いかがだったでしょうか?

ストキャスティクスの%K値の意味を少し理解していただけたのではないかなと思います。

ストキャスティクスで勝てるの?

ここまで話し聞いてしっかり理解された方であれば、

ストキャスティクスだけでバイナリーオプションが勝てるか?というと、その答えは分かるのではないかなと思います。

 

答えは、ストキャスティクスだけでは勝てません。

 

例えば上昇トレンドが発生して直近高値を更新しているときは、ストキャスティクスの%K値は80を余裕で超えてきますし、

下降トレンド発生して、安値を更新しているときは%K値は20を下回ってきます。

このことを理解せずに、%K値が80や20を超えたから逆張りエントリーをしていたら、

そのままズルズル上がり続けた(or下がり続けた)なんてことになります。

何度も言いますが、ストキャスティクスの%K値が表すのは、

その期間中の最高値・最安値をとった範囲内で今現在値が下から何パーセントの位置にあるのかをただ数値化したものだからです。

(買われすぎ・売られすぎを考えるなら、RSIのほうが精度は高いと思います。)

 

では、ストキャスティクスはバイナリーオプションにおいて、どのように使ったらいいのか?

続きは次回に続くということにしておきたいなと思いますw

ぜひ、今回はストキャスティクスの計算式と%K値が意味するところを理解してください。

TMインジケーター
TMインジケーター 評判

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です