【TM-Vega】メール送信設定方法

インジケーターのアロー(矢印)が表示された際に、指定したメールアドレスにメールを送る設定についてご説明します。

インジケーターのパラメーター設定

TM-Vegaのパラメーター設定より、mail部分がtrueになっている状態でメール配信が行われます。

※falseに設定しておけば、メール配信はされません。

MT4のメール配信設定をする

次に、MT4自体のメール配信設定をします。

まず、下の画像のツールより「オプション」を開きます。

次に、オプションのタグから「E- メール」をクリックします。

(下の画像の赤枠部分)

ここを設定することにより、インジケーターにアローが表示されると、指定のメールアドレスにメールが配信されます。

メールサーバーを設定する

ここからは、メールを送信するメールサーバーの設定になります。

使っているメールサーバー(ヤフーメールやGmailなど)によって、設定が変わってきますので、各自確認しながら進めてください。

まず、メール配信を有効にするため、上の画像の赤枠「有効にする」にチェックを入れます。

それぞれのサーバーやログインIDは、お使いのサーバーにお問い合わせの上、入力してください。

 

SMTPサーバー: SMTPサーバー名を入力して、そのあとに「:」半角コロンを入れて、ポート番号を入力します。ポート番号は465または 587を入力します。

SMTPログインID: SMTPサーバーのログインIDを入力します。ここは、メールのログインIDになっていることが多いと思います。

SMTPパスワード: SMTPサーバーのログイン用のパスワードを入力します。ここも、メールのログインパスワードになっていることが多いと思います。

発信元: 発信元のメールアドレスを入力します。

送信先: 送信先のメールアドレスを入力します。

 

すべての項目を入力して、テストボタンを押すとテストメールが送信されます。

送信先にテストメールが届けば設定は完了です。

※入力は必ず半角で入力してください。

ヤフーメールの場合

「有効にする」にチェックを入れます。

SMTPサーバー:smtp.mail.yahoo.co.jp:465

SMTPログインID:Yahoo!メールのアカウント名

SMTPパスワード:Yahoo! JAPAN IDのパスワード

発信元:Yahoo!メールのメールアドレス

送信先:送信したいメールアドレス

Yahoo!メールのアカウント名は、メールアドレスの@の前の部分になっています。

ポート番号は、465でメールが送れない場合は、587を試してみてください。

Yahoo! BB会員の方は、SMTPサーバーの設定が違う可能性があるので注意してください。メールアドレスが○○○@yahoo.co.jpでも、Yahoo! BBメールの設定の可能性があります。

※入力は必ず半角で入力してください。

ヤフーBBメールの場合

SMTPサーバー:ybbsmtp.mail.yahoo.co.jp:465

SMTPサーバー以外はYahoo!メールの設定と同じです。

Gmailの場合

「有効にする」にチェックを入れます。

SMTPサーバー:smtp.gmail.com:465

SMTPログインID:GmailのID

SMTPパスワード:Gmailのパスワード

発信元:Gmailのメールアドレス

送信先:送信したいメールアドレス

「SMTPサーバー」は、個別にSMTPサーバー名が割り振られているわけではなく、Gmailを使っているユーザーすべてが「smtp.gmail.com」になります。ポート番号は半角のコロンの後に465または587を入力します。

465で送れない場合は、587を試してみてください。

GmailのIDは、メールアドレスまたは、メールアドレスの@の前の部分になっていると思います。

※入力は必ず半角で入力してください。

※「安全性の低いアプリの許可」が 無効になっている場合は、「Mail: login to smtp.gmail.com:465 failed」このようなエラー(ログイン失敗)が出てメールが送れないようです。

安全性の低いアプリの許可を有効にする方法

MT4でメール(Gmail)を送る場合は「安全性の低いアプリの許可」を有効にする必要があります。

以上の方法で上手く送れなかった場合は、確認してみてください。

 

Google Chromeを起動して右の上の方にあるメニューボタン(赤枠)をクリックします。

すると、以下の画像のようにメニューが出てきますので、赤矢印部分の「Googleアカウント」をクリックします。

「アカウントにアクセスできるアプリ」をクリックします。

※ログインしていない場合は、ここでログイン画面が出てくると思います。

「安全性の低いアプリの許可」が無効になっているとMT4でメールを送ることが出来ないので、ここを有効にします。

以下の画像のようになれば成功です。

「安全性の低いアプリの許可」を有効にするとMT4でメールを送ることが出来るようになります。

※ここに書いてあるようにGoogleでは無効にすることを推奨しているようなので、ここの設定は自己責任で設定してください。

メールが正しく送れないときの確認方法

送信先にメールが届かない場合は、MT4のターミナルの操作履歴のメッセージを確認します。

「ターミナル」の「操作履歴」タブを選択します。

ターミナルが表示されてないときは、上の赤枠をクリックして「ターミナル」を開いてください。

ここに、エラーメッセージがあるとメールが送れていないことになります。

上の画像は、メールを送った時にでるメッセージです。左側に赤いマークがあるのはエラーメッセージです。※上の画像は、Gmail設定時のエラーメッセージです。

 

1番上の「Mail: error connecting to smtp.gmail.com;465」は、コロンを入れるところをセミコロンを入力したエラーです。「error connecting」は、接続エラーのメッセージなので「SMTPサーバー:」の入力にエラーがあることになります。

2番目の「Mail: login to smtp.gmail.com:465 failed」は、SMTPサーバーには接続されたけど、ログインできなかった時のエラーになります。

このエラーは、「SMTPログインID:」または「SMTPパスワード:」の入力にエラーがある可能性が高いです。

他にも、SMTPサーバーが違っている可能性もあります。SMTPサーバーに接続はされているので、入力ミスではないのですが、例えば、GmailのSMTPサーバー名を入力しているのに、Yahoo!メールのIDとパスワードを入力している時などはこのエラーが出ます。特に、Yahoo! メールとYahoo! BBメールは、SMTPサーバー名が違うので注意が必要です。

一番下の「Mail: ‘Test message’ has been sent」は、エラーではなく、メールが送信されたときのメッセージになります。

このメッセージは、送信先にメールが届いた時のメッセージではなく、あくまでもメールを送信したというメッセージになります。

このメッセージが出ていて、メールが送信先に届いていない場合は、「送信先:」の入力項目のメールアドレスの入力ミスの可能性が高いです。

他には、相手側がSSLに対応していないと?「SMTPサーバー:」のポート番号465で送ったメールが送信先に届かないこともあるらしいです。この場合は、ポート番号587を試してみるとよいかもしれません。

ポート番号などの設定を変えても、反映されていないことがあるようなのでMT4を再起動した方が良いと思います。

 

後は、受け取り側の設定の問題だと思います。

迷惑メールとして処理されてしまっていることが一番多いかもしれません。

この場合は、迷惑メール設定を変更することで受け取れるようになります。