【TM-Vega】Zeruch使用の際の注意点

TM-VegaをZeruchで使用する際の注意点について、まとめました。

基本的な設定方法については、Zeruchのダウンロードページを参照ください。

Zeruch用のTM-Vegaを使用

TM-VegaをZeruchで動かす際には、ユーザー登録後にメールにて送りましたZeruch用のTM-Vegaを使用していただく必要があります。

Zeruch用のTM-Vegaは以下のインジケーターファイル名となります。

(例)夏時間のAUDJPYの場合

TM-VegaZ_AUDJPY_S.ex4(Vegaの後にZが付きます)

 

インジケーターの配置場所

TM-Vegaの配置

Zeruch用のTM-Vega(TM-VegaZ)をお使いのMT4のIndicatorsフォルダ直下に入れてください。

※必ず以下の画像のようにIndicatorsフォルダ直下にex4ファイルを置くようにしてください。

 

Indicatorsフォルダ直下にフォルダのまま置いてしまうと、あとでZeruchからTM-Vegaが上手く呼び出せなくなります。

 Zeruchのパラメーター設定

Zeruchのパラメーターは以下の画像のように設定ください。

(画像は、AUDJPY夏時間設定の場合)

  • 「ライセンスID」は、Zeruchで申請しているハイローIDを入力してください。
  • 「何秒前あるいは後にエントリーするか」は、3~5がオススメです。
    (ご自身のパソコンのエントリータイミングに応じて調整してみてください)
  • 「許容スプレッド」は、ご自身で調整してください。
  • 「シグナル対象」は、バッファ型
  • 「対象のインジケーター名」には、「TM-VegaZ~」を入力ください。
    (例:AUDJPYのチャートには、TM-VegaZ_AUDJPYを入力)
  • HIGHシグナルのバッファインデックスは「0」
  • LOWシグナルのバッファインデックスは「1」

「DLLの使用を許可する」をチェック

Zeruchの全般タブの「DLLの使用を許可する」を必ずチェック忘れないよう。

通貨ペアごとに設定

あとは、各通貨ペアごとにZeruchインジケーターの設定をしていただければ完了です。

TM-Vegaの場合はGOLDを含めた、全18通貨ペアになります。

 

おわりに

以上がTM-VegaをZeruchで設定する際の注意点になります。

もし分からないことがありましたら、気軽に以下のメール宛にご連絡ください。

(LINE@にメッセージをいただくと、返信できない可能性があります。)

 

メール: taniakira999@gmail.com

谷あきら