プレゼントインジケーターを体験版Zeruchで設定する方法

こちらのページでは、インジケーター(TM_USDJPY.ex4)を体験版Zeruchで動作させるための設定方法などを解説しております。

初期設定

必ず、MT4のIndicatorsフォルダ直下に対象のインジケーター(TM_USDJPY.ex4)の配置をお願いします。

※ 対象のインジケーターが正しく配置されていないと、エラーとなってしまいます。

Zeruchのパラメーター設定

Zeruch_DEMOインジケーターをMT4のチャートに設定する際に、以下のパラメーター通りに設定してください。

変数
エントリータイミング 中間
タイマーを利用するか はい
シグナル検知基準 足切替直後
何秒前あるいは後にエントリーするか 使用しない(適当な数字でOK)
アラートの表示・非表示 true
許容スプレッド 「0.0~0.3」がオススメですが、ご自身で決めてください。

スプレッドを考慮しない場合は「100」を入力。

シグナル対象 バッファ型
—バッファ型検知設定—
対象のインジケーター名 TM_USDJPY
買い(High)シグナルのバッファインデックス 0
売り(Low)シグナルのバッファインデックス 1

—シグナル通知しない時間を設定(カンマ区切り)—

空欄でOKです。
空欄でOKです。
—デバッグログ設定—
デバッグ用ログ出力 いいえ

 

以上で設定は完了です。

あとは、MT4と一緒にTM-Stealthを稼働させていただければ、シグナルが出た箇所でエントリーします。