必勝コラム

バイナリーの『確率トリック』に騙されてる人必見!モンティホール問題とは?

モンティホール問題

今回はバイナリーオプションの確率のトリックに騙されてしまう人必見です。

確率を根本から考えるために『モンティホール問題』を是非解いてみましょう。

TMインジケーター 口コミ

バイナリーの『確率トリック』に騙されてる人必見!モンティホール問題とは?

 

こんにちはムロパチです。

今日は確率について皆さんに考えてもらうべく、とある問題を出してみたいと思います。
実際に一緒に考えてみてくださいね。

 

さっそく問題なのですが、ここにA・B・Cと書かれた3つの扉があります。

この3つの扉のうち、1つの扉は開けると高級車がある当たりの扉。
残り2つは開けるとヤギがいるハズレの扉です。

好きな扉を1つ選んで、見事当たりを選べば高級車をプレゼントします。

モンティ・ホール問題

この時点ではまだ問題じゃないんです。
では、あなたが1つ扉を選ぶとします。

ここからが重要なんですけれど、あなたが1つ扉を選んだ後に正解を知っている司会者が、選ばなかった2つの扉のうち、ハズレの方だけを開きます。

当然、司会者はハズレの扉を開いたので、そこにはヤギがいました。

モンティ・ホール問題

 

そして司会者は『まだ残っている扉に変更することもできますが、変更しますか?それとも最初の選択のままでよろしいですか?』と質問してきます。

 

さぁ、あなたは扉を変更しますか?最初の選択のままにしますか?

これが問題の部分なんですね。

 

 

「え~変更してもいいって言われているけど、変えても変えなくても変わらないんじゃないの?」とか「Aが正解だとして、変更したらはずしちゃうし~」とか色々考えると思います。

 

ただ、この問題には数学的に明確な正解があるんです。

ではまず最初に正解をお伝えします。

 

 

 

正解は。。。

 

「選択を変えた方が良い」です。

 

ではそれはなぜなのか、解説をしていきたいと思います。

 

なぜ選択を変えたほうがいいの?

まずこの1番最初の「3つの扉どれ選んでもいいですよ!」という段階だと、どれも正解する確率や当たりを引く確率は33%ですよね。

ということは、選ばなかった残りの2枚の扉に当たりがある確率は合わせて66%になります。

モンティ・ホール問題

ここまでは理解できていると思います。

しかし、ここから重要なのが「司会者がこれ答えを知ってる」という事。

司会者は正解を知らないで適当に扉を開くわけではなく、
司会者は最初からどの扉が正解がを知っていて、残りの2枚のうち外れを必ず
教えてくれるます。

両方ともハズレだったら完全にランダムで開くのですが、もし片方が当たりの場合、もう片方のハズレの扉を開いてくれると言う訳です。

なので、片方の扉のハズレが確定したことによって33%の確率は、もう片方に上乗せされて、66%になるのです。

 

ここまでくると「確率って最初から決まってるし、動かないでしょ?!」と、ほとんどの人がしっくりこないと思います笑

なので、なぜその確率が移動するのか?という解説を踏まえてエクセルでシミュレーションしてみました。

文字では説明しにくいので、動画でご覧ください↓
※5分20秒からです。

Excelの検証結果を見て頂けるとわかると思いますが、
初回選択のほとんどが33.3%前後で推移してます。
そして再選択後もほとんどが66.6%前後で推移していますね。

 

それでも腑に落ちない!という方へ

ここまでで、大体の方がExcelの検証で納得してくれると思うのですが、
日頃から確率をあまり意識していないかも?という方はあまり腑に落ちないかもしれません。

 

なので、最後にこんな状況にしてみたいと思います。

モンティ・ホール問題

扉が100個あって、あなたがそのうちの1つを選ぶとします。

そして、答えを知っている司会者が、その他の扉の当たり以外を開けるとします。

モンティ・ホール問題

どうでしょう?

感覚ベースでも、選択を変えたほうが良いとわかりますよね笑

 

 

バイナリーも表面の数字だけ見てはダメ

ということで、今回はモンティホール問題で確率のトリックを考えてみました。

今回僕が何を言いたかったのかというと、表面の数字だけを見るのではなく数字は意味とイメージで見ると本質が見抜けるという事です。

今回はこの3つの扉どれを選択しても33%ですという表面のとこだけしか見てないと、
司会者が答えてくれた後に選択を変えた方が得ということに気付けません。

これは要するに数字を表面で捉えていると、本来得られるはずの期待値が取れてない
ですよ。損失してますよという事。

自分は最善のことを選択をしているつもりなのにも関わらず、損失をしているってすごく嫌ですよね。知識とか理解力を含めればもっと期待値が上がる選択を取れるはずなのに。

なので数字の意味を一つ一つを理解していき、本質を見抜くことが大事になってきます。

通貨ペア

バイナリーオプションではこれがどう関係してくるかってことなのですが、
例えばインジケーターのRSIで、条件に合った数字だけで淡々とエントリー!とやってると今回みたいな落とし穴にはまってしまいます。

RSIはどういう計算式で成り立っているのか、その期間の値動きがどういう数字の拾い方をしてその数値になるのかをしっかり理解するべきなんですね。

数字の表面を鵜呑みにするのではなく、一つ一つの意味を理解するようになると、
バイナリーオプションでも勝率が上がってくるんじゃないでしょうか。

是非皆さんもそのあたりを意識して、バックテストやエントリーをしてみて下さいね!ではでは!

究極のBOインジケーター

645万パターンのバックテストから、最適なエントリーポイントのみ抽出した、バイナリーオプション専用のシグナルインジケーターです。

全16通貨ペアごとに最適化された、今までにないインジケーター。バージョンアップ版も永久無料配布しております。

詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です